2009年5月アーカイブ

a_bird.jpg

 

最近のお気に入りですicon:face_smile

 

 

一人なのに大橋トリオです。

 

 

映画音楽やCM音楽などを手がけた大橋好規の全楽器演奏、

全編オリジナル書き下ろしのボーカリストとしてのソロプロジェクトですicon:face_watching

 

 

映画「COLORS」「BAUMKUCHEN」(柿本ケンサク監督)のオリジナルサントラをリリース。

 

 

映画「ジャージの二人」(中村義洋監督)「余命一ヶ月の花嫁」(廣木隆一監督)の

音楽を担当。

 

 

他にも、楽曲提供やアレンジ、ミックス・サポート演奏など幅広く活動していますicon:body_no1

 

 

コレはそんな大橋トリオのデビューミニアルバム。

 

 

澄んだ音色で美しいリズムを奏でますicon:note

 

 

心地よい声色が穏やかな風となりからだの中に吹き込みますicon:mystify

 

 

『ゆっくりでもいいじゃないか、少しづつすすんでいこう』

 

 

きっとそんな風に感じるicon:no01枚です。

 

 

こんな世知がない世の中、前向きにさせてくれるハズですicon:body_good

 

 

ちなみにCDショップ大賞で準大賞をゲットicon:cursor_upicon:cursor_up

 

 

今年、最も期待されているアーティトですicon:face_self-conscious_smile

 

 

そんな大橋トリオ。

 

 

気になるあなたは

NOW ON CLICK ↓

 

http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=56476125

 

 

 

ブエナ.jpg
本日、第70回オークスが行われました。

 

 

勝ったのは、1番人気のブエナビスタ。

 

 

史上11頭目の2冠馬に輝きましたicon:sparkling

 

 

それにしても・・・

 

 

強かったicon:body_biceps

 

 

道中、位置取りが後方でもしや届かないかなicon:sweaticon:sweat

 

 

なんて思っていたのですがicon:face_surprised

 

 

きっちりと差し切ってくれましたicon:face_smile

 

 

はかったかのような鼻差。

 

 

着差はわずかでしたが力の差をみせつけてくれましたicon:body_good

 

 

ディープ以来久々あらわれた怪物といっても過言ではないでしょう。

 

 

ブエナは今後、渡欧し凱旋門賞への挑戦も噂になっています。

 

 

しかも、ブエナは父内国産icon:body_no1

 

 

日本の馬産の宝ですなicon:star

 

 

ディープの成し遂げられなかった夢を是非おってほしいですねicon:note

 

P1011479.JPG

 

火曜日に今季初の浜スタへicon:body_run_away_right

 

 

残念ながら試合には負けてしまいましたが、気持ちいいですね。

 

 

ドーム球場が多い中、貴重な屋外球場ですicon:star

 

 

浜風が心地よく、野球観戦には最高の季節です。

 

 

ただ、不愉快だったのが試合開始前icon:face_expressionless

 

 

なぜか映画の宣伝が・・・

 

 

しかも、ルーキーズときたもんだ。

 

 

チャラチャラ野球映画自体が不愉快なのに、

わをかけて神聖な浜スタで試合前に宣伝とは。。。

 

 

何たる茶番icon:ecstoramation

 

 

しかも出演の佐藤隆太、おまえは阪神ファンだろ~がicon:face_shock

 

 

ほんと参りますicon:sweaticon:sweat

 

 

最近、スポーツの試合会場でのこの手の宣伝が多くはなっています。

 

 

人気離れのための観客確保の気持ちもわかります。

 

 

ただ、真剣に観に来ているファンのことも考えていただきたいですねicon:body_no1

 

 

試合に負けただけに後味が悪かったですicon:cursor_down

 

 

って負けたのは、関係ないですねicon:face_embarrassed

 

 

パドラックス13.jpg

 

東野圭吾著の新作です。

 

 

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある」

 

 

そういうお話ですとは作者の言葉。

 

 

題名からは何のお話しなのかはさっぱりicon:face_expressionless

 

 

読み始めも専門icon:question的な言葉が多く、んんって感じでしたが。。。

 

 

ジャンルでいえばSFともいえるのかなicon:ecstoramationicon:question

 

 

運命の13秒

人々はどこへ消えたのか?13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現する。

破壊された東京に残されたのはわずか13人。

なぜ彼らだけがここにいるのか?彼らを襲った”P-13現象”とは何か?

生き延びてくために、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない。

論理と倫理の狭間で繰り広げられる人間ドラマ。

 

 

ストーリー的には先の読めそうな展開なのですが・・・

 

 

スジとか前にどっかで読んだなぁ~とか・・・

 

 

そんなことは関係ないんですicon:ecstoramation(てか面白いんですよicon:face_embarrassed)

 

 

 

最大のテーマ「生」とはicon:question

 

 

そんなことを随所に思い知らせてくれます。

 

 

「論理と倫理」

 

 

東野著にはよく掲げられますが、SFを題材にし集団の中でのそれを考えさせらるこの作品。

 

 

登場人物の描写など珍しい題材とはいえ東野ワールドを炸裂させていますicon:lightning

 

 

さすがっすicon:face_sparkling_smile

 

 

『生きる意味を知るには、ただひたすら生を求めるしかない』

『天は自ら助くる者を助く、だ。生き抜こうとしない者なんかに奇跡はおきないと思え』

 

 

登場人物、誠哉の言葉です。

 

 

う~ん、納得icon:face_watching

 

 

先日、とある友人からこんな話を。

 

 

「店で役職につくために料金をあげるように言われた」と。

 

 

美容室のカット料金ってお店によってまちまちですよね。

 

 

一律のところもあれば、ランク?で変わったり、各スタイリストによって違ったり。

 

 

まぁ一律ってのがわかりやすいかなとは思いますが、

各自で自分の価値をきめるってのも面白いのかもicon:body_no1

 

 

ちゃんとした意図のある体系がベストですね。

 

 

ただ、僕にも疑問なのがランクicon:question

 

 

そもそもそのランクは何なのかicon:face_watching

 

 

トップスタイリストとかシニアやジュニア・○○ディレクターなどなど・・・

 

 

わけのわからん肩書きがおおいですよね。

 

 

かくいう僕にもマネージャーという肩書きをつけてますがicon:sweaticon:sweat

 

 

僕のにはちゃんと理由があってお店をマネージメント(管理)してるからでicon:face_embarrassed

 

 

それに肩書きで値段とかとってませんしicon:face_shy

 

 

ま、トップスタイリストはその名の通りスタイリストのトップなんでしょうが

一体何のトップなのかicon:questionicon:question

 

 

上手さicon:question売上icon:question年齢icon:questionキャリアicon:question

 

 

さらによくあるのがトップが何人もいるお店。

 

 

トップは1人でいいんじゃないicon:face_sad

 

 

で、ディレクター??

 

 

ディレクターって監督・演出家って意味ですけど。。。

 

 

わかってんですかねicon:face_shock

 

 

オーナーがいて店長がいてトップスタイリストがいてでディレクターがいて・・・・・・・・

 

 

一体誰が誰なのかicon:mystify

 

 

わけわかめですねicon:face_shout

 

 

でもって、値段がプラスプラスになっていくicon:face_shouticon:face_shout

 

 

どんなシステムですかねicon:face_shouticon:face_shouticon:face_shout

 

 

友人曰く

 

 

「役職につけるのはお店での自分が評価されてのことならうれしい。ただ、単にキャリアをつんだだけとかなら別にいらない肩書きだし肩書きがつくことによって料金をあげる意味がわからない。

それはつく前とついてからと自分が目に見えて上手くなるわけでもないのに、今まで担当していたお客様にしてみれば何のためのアップなのかが疑問だろうと」

 

 

いや~納得icon:body_good

 

 

その通りですね。

 

 

彼が一番お客様目線みてますね。

 

 

ただでさえ「寿司屋と美容院は値段があやふや」なんて揶揄されますからicon:face_expressionless

 

 

明確なものにしてほしいです。

 

 

そもそもこの職種にそんなに肩書きって必要なんですかねicon:ecstoramationicon:question

 

 

業界内での対外的なコトには役立つicon:questionこともあるのかもしれないですが・・・(ドーだか)

 

 

はっきりいえばただの見栄ですよね。

 

 

やたら欲しがる人いますけど肩書きって必然とついていくもんじゃないですか。

 

 

つけられたものには全く価値はないですから。

 

 

そんなものを欲しがるのでなく本物の実力をていいれて欲しいですね。

 

 

うちもドーでもいい見栄はおことわりですicon:face_shishishiicon:body_stop

 

昨日、横浜は悪夢のような敗戦でしたicon:face_expressionless

 

 

しかし、そんな中一筋の光明がicon:sparkling

 
藤江2.jpg

 

新人の藤江投手です。

 

 

去年のドラicon:no02

 

 

バツグンのピッチングでしたね。

 

 

そして何より『気合』がいいicon:body_biceps

 

 

久々しびれる選手の登場ですね。

 

 

元ロッテのジョニーこと黒木投手ように「魂のエース」と呼ばれるくらいになってほしいです。

 

 

あいかわらず厳しい戦いが続いてますが頑張って欲しいですね。

 

 

まァ去年よかましかな。。。

 

 

次の火曜は今期初の浜スタ観戦にいってきまふicon:body_run_away_right

 

 

facebook


loading ...

最近のコメント

tsurumi on G1CLIMAX@横浜文化体育館: 後楽園ホール プロレ
花ゑ on G1CLIMAX@横浜文化体育館: お疲れ様です。 結局
tsurumi on 新参者: 誰に加賀恭一郎を演じ
花ゑ♂ on 新参者: 「新参者」映画になる
tsurumi on 引っ越し: コメありがとございま
北海道少女。 on 引っ越し: ブログの更新楽しみに