2008年1月アーカイブ

P1011121.JPG

 

入院中に姉の差し入れで小説を読みました。

 

 

「死亡推定時刻」 朔立木著。

 

 

殺人事件が起こり、無実の青年が容疑者としてあげられ

執拗な揺さぶりで自白へと追い込み、裁判へ。

 

 

無実を主張する青年と弁護士の冤罪裁判の戦い。

 

 

作者は現役弁護士らしく、警察、検察、裁判官、容疑者、弁護士

など取り巻く人々や環境を圧倒的なリアルさで描かれています。

 

 

正直ふるえました。

 

 

これが事実なら。。。

 

 

国家権力と地位の横暴。

 

 

もちろん小説はフィクションです。

 

 

多少極端には描かれているでしょう。

 

 

しかし、実際にありうることのようにも感じます。

 

 

私益、私情の介入などは言語道断!!

 

 

僕は警察や裁判など全てが悪いとかは思ってるわけではないし

真実を求め頑張っていることも理解してはいるつもりです。

 

 

ただこういった現状もあるのだと。考えさせられ改善される

ことを感じ、願います。

 

 

「間違いました、すみません」ではすまない問題ですもんね。

 

 

そういえば似たような映画(それでも僕はやってない)もありましたね。

 

 

題材は痴漢ですが。

 

 

これを観て僕は電車に乗る時は両手は上の手すりをつかむようにし

女性の近くには寄らないようにしています。

 

 

用心にこしたことないですもんね。

 

 

いつ自分が犠牲者になるかわかりません。

 

 

小説にしろ映画にしろ日本の裁判について非常に興味深く

記されています。

 

 

是非、ご覧になって下さい。

 

 

 

 

年末行われた『やれんのか』の秋山VS三崎戦が無効となりました。

 

 

すみません。格闘技ネタです。

 

 

スポーツ・ギャンブル・格闘技・ネタは興味のない人には厳しいですよね。。。

 

 

しかし、大好きなのであしからず。

 

 

何が無効の原因かって決め手になった顔面キックです。

 

 

ルールでは4点ポジションでの頭部への蹴りは認めらてないです。

 

 

試合では、かなりきわどくその場だけを一時停止にでもして観れば

どっちともとれるシーンです。

 

 

ただ、UWF以来の格闘ファンである僕の視点からいえば問題のなく

すんなり三崎選手の勝利では。

 

 

たしかにきわどくはありましたがあくまで流れの中でそうなっただけ。

わざわざ問題にするまでもないと。

 

 

他のスポーツでもあえて反則を流すことも多々あります。

 

 

秋山選手は一昨年、体にクリームを塗り失格。

 

 

今回はその後初の日本での試合。何か遺恨のようなかんじで取り上げられ

過熱しました。

 

 

この試合でもまた反則無効となれば遺恨・因縁などが新たにうまれるかもしれません。

 

 

でもそれって無理やりつくってるきが。。。

 

 

そういうのって正直食傷気味。

 

 

U-CAMPの田村選手はよく「試合をする時期や意味合い」のようなことを

口にします。

 

 

確かにそうだなって思いますね。

 

 

演出効果ももちろん大切ですが、リアルファン(にわか格闘ファンが多いので)

としては本物の試合が観たいですね。

 

 

前田明が君臨してたころ、あの時代が再び来ることを願って。

 

してました。

 

 

年末、体調を崩していたのがぶり返してしまいました。

 

 

延べ9日間。

 

 

長かったァ~

 

 

とはいえ、まる一週間は寝たきりで時間や日にちなど

気にする余地もなかったのですが。。。

 

 

こんなに体調が悪化することがあるんだって教訓になりました。

 

 

もう無理はできない年齢ですね。

 

 

入院中は喋ることさえ困難で、飲み物食べ物を口にすることもできずでした。

 

 

ようやくモノを口にできるようになったとき、食物のありがたみを

身にしみるほど感じました。

 

 

食べれるって幸せですね。

 

 

まぁ今後繰り返さないよう体調管理しっかりしていきたいです。

ついにメニュー化しました。

 

 

ようやくお客様に提案できるものになったかと。。

 

 

さてデジタルパーマとは簡単にいえば縮毛矯正のパーマ版ですね。

 

 

高温アイロンのかわりに温度調節の可能なロッドをつかうことと

軟化(髪の内部のS-S結合を解裂)度合がかなり弱いのが違いです。

 

 

コールドパーマと違いは熱変性を利用することですね。

 

 

これらによって様々なスタイルが可能になるのです。

 

 

よく「デジ」は痛むなんて声が聞こえますが、それは認識不足では。

 

 

自分も当初はその思いがあり導入に時間をようしてしまったのですが。。。

 

 

髪質と薬剤、施術方法さえ間違わなければコールドよりダメージを

抑えることも可能です。

 

 

かといってまったく痛まないのかというとそれはないです。

 

 

薬剤を使用する以上ダメージはつきもの。

 

 

いかに最小限にとどめるかが大切です。

 

 

デジの特徴としては持ちのよさと手入れのしやすさです。

 

 

緩めのパーマをかけたとしてもコールドの倍以上はゆうにもつでしょう。

 

 

半年近くもつなんて声も多いです。

 

 

スタイリングもコールドだとウエット時が1番きれいにでて乾くとともに

だれてきます。

 

 

デジ逆で乾いた時が1番きれいに出ます。

 

 

乾いた時に本領発揮するので手入れがラクなのですね。

 

 

ただ、デメリットももちろんあります。

 

 

ショートスタイルや細かいウェーブスタイルなどは弱点といえるでしょう。

 

 

ただ求めるスタイルさえ合えば間違いなくコールドより仕上がりが良いといえます。

 

 

出始めはデジ=巻髪のイメージが強かったですが今では様々なスタイルにも

対応できスタイルの幅が広がりました。

 

 

また、髪の状態によりパーマのかけずらかったお客様にもパーマが提案

できるようになりました。

 

 

是非、初めての方もデジに不満を持っていた方も我がHau-Couにて

試してください。

 

 

ちなみに料金は¥15750~¥16800(税込)になります。

承っております。

 

 

はやいもんでもうそんな季節ですね。

 

 

まだ成人式も迎えてないというのに。。。

 

 

営業時間外の早朝でもご予約可能です。(別途早朝料金プラス)

 

 

お得な袴のレンタルプランもありますので是非ご連絡ください。

 

 

尚、鶴大の卒業式に出席予定のお客様は割引サービスありますので

ふるってご連絡ください。

DSCF0110.JPG

この間撮影したのをアップします。

 

 

2点撮りでした。

 

 

モデルはアイリスちゃん。ハーフです。

 

 

近所に住んでます。

 

 

1点目はカラフルな色使いのショートスタイル。↑↑

 

 

DSCF0053.JPG

 

2点目はロングのカーリーヘアー。↑↑

 

 

はっきりしたカールに思いっきり切り込んだバングをあわせました。

 

 

ちなみにメイクはいつもお願いしているフリーの中西っつぁん。

 

 

撮影も美容師としても後輩なのですが、いつの間にかかなりきてて

いまでは頼りにしっぱなしです。謝々

おめでとうございます。

P1011119.JPG
 

 

暮れのご挨拶もままならぬままで。。。

申し訳ございません。

 

 

28日から体調を悪化させDOWN。

本来入院のところを正月なので勘弁してもらい早めの

休みを頂いておりました。

 

 

お客様、スタッフに多大な迷惑をかけてしまいました。

反省です。

 

 

年々からだにガタがきはじめもっと上手に付き合っていかなければ

とかんじるこの頃です。

 

 

今年はわがHau-Couにとって基礎作りの年としていきたいです。

 

 

しっかりとした基盤をつくり、お客様を迎え入れられるように精進します。

 

 

みなさまにとって素敵な1年になることをお祈りしています。

 

 

それに僕たちが少しでも貢献できれば幸いです。

 

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

facebook


loading ...

最近のコメント

tsurumi on G1CLIMAX@横浜文化体育館: 後楽園ホール プロレ
花ゑ on G1CLIMAX@横浜文化体育館: お疲れ様です。 結局
tsurumi on 新参者: 誰に加賀恭一郎を演じ
花ゑ♂ on 新参者: 「新参者」映画になる
tsurumi on 引っ越し: コメありがとございま
北海道少女。 on 引っ越し: ブログの更新楽しみに